艦艇内や飲食店で女性隊員にセクハラ 10代の海自海士を停職処分

[PR]

 海上自衛隊大湊地方総監部青森県むつ市)は16日、女性隊員にセクハラ行為を繰り返し行ったとして、護衛艦「はまぎり」に乗務する10代の男性海士を停職6カ月の処分とし、発表した。

 同部によると、男性海士は昨年9月1日から8日にかけて、当時乗務していた艦艇内で、女性隊員の頭や太もも、胸を触ったり、市内の飲食店で頰をなめたりするなどして、精神的かつ身体的に苦痛を与えたという。

 女性隊員が上司に相談して発覚した。男性海士は「コミュニケーションをとるうちに、面白半分にやってしまった」などと話しているという。