マクドナルドCEO、冷戦下のソ連に見た希望「今のロシアには…」

有料会員記事ウクライナ情勢

[PR]

 16日にロシア事業からの撤退を発表した米マクドナルド。クリス・ケンプチンスキー最高経営責任者(CEO)は声明の中で、冷戦下の旧ソ連に初めて進出した32年前を「数十年の鎖国を経て世界に門戸を開いた国への希望」があったと振り返った。

 現在のロシアに対してその時…

この記事は有料会員記事です。残り622文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら