「私は黒人で、同性愛者で、移民の女性だ」 米の新大統領報道官

ワシントン=合田禄
[PR]

 米大統領報道官に就任したカリーン・ジャンピエール氏が16日、ホワイトハウスで初めて記者会見し、「私は黒人で、同性愛者で、移民の女性だ。この三つのどれも、この地位に就くのは初めてになるということを十分認識している」と述べた。

 ジャンピエール氏は「何世代にもわたって壁を破る人たちがいなければ、私はここにいなかった」とも語り、人種差別や性的少数者の差別の解消のために取り組んできた人たちをたたえた。

 バイデン政権では、黒人女性のハリス氏が副大統領、同性愛者を公表しているブティジェッジ氏が運輸長官を務めている。ジャンピエール氏は「バイデン政権は史上最も多様性に富んでいるだけでなく、壁を破る女性や男性であふれている」と述べた。

 バイデン大統領が就任した昨年1月から、大統領報道官はジェン・サキ氏が務めてきた。サキ氏が今月13日に退任したのに伴い、副報道官だったジャンピエール氏が後任に就いた。(ワシントン=合田禄)