北欧2カ国のNATO入り「イエスと言わない」 トルコ大統領が明言

有料会員記事

キーウ=高野裕介、ベルリン=青田秀樹
[PR]

 トルコのエルドアン大統領は16日、北欧のフィンランドスウェーデン北大西洋条約機構(NATO)への加盟について、「イエスとは言わない」などと述べ、改めて否定的な考えを示した。

 エルドアン氏は首都アンカラでの会見で、スウェーデンがトルコに対し武器の禁輸をしていることを念頭に、「我々に制裁を科している国の加盟に『イエス』とは言わない」と発言。また、フィンランドとスウェーデン両国の政府関係者が協議のためトルコを訪れる予定について、「彼らは説得に来るというが、わざわざそんな手間をかける必要はない」と突き放した。

 エルドアン氏はこれまでも、「スカンディナビアの国々はテロ組織のゲストハウスのようだ」と述べ、トルコで分離独立を目指す非合法武装組織「クルディスタン労働者党」(PKK)などに居場所を与えている、と不満を表明。この日も、両国が「テロ組織について明確な姿勢を示していない」と批判した。

 NATOへの加盟には全30…

この記事は有料会員記事です。残り240文字有料会員になると続きをお読みいただけます。