君の曲、君のsoul、ずっと 「20歳のソウル」映画でも生きる

有料会員記事

岩崎生之助
[PR]

 映画「20歳のソウル」が5月27日から全国で公開されます。千葉県船橋市立船橋高校に代々受け継がれている応援曲「市船soul(いちふなソウル)」にまつわる実話をもとに、紡がれるストーリー。映画化のきっかけは、2017年4月2日の朝日新聞朝刊に載った記事でした。映画公開を前に、この記事を再掲します(一部修正、年齢は当時)。

      ◇

 市立船橋高校(千葉県船橋市)には、受け継がれていくメロディーがある。

 応援曲「市船soul」。吹奏楽部の躍動感あふれる旋律が、運動部員たちに力を与えてきた。

「僕に作らせて」

 作曲したのは2014年3月に卒業した浅野大義(たいぎ)さん。目立ちたがり屋のトロンボーン吹きが卒業前、高橋健一先生(56)に願いでた。

 「僕にオリジナルの曲を作らせてください」

 「できが良かったら採用してやるよ」

 しばらくたって、大義さんは先生に4枚の譜面を手渡した。机に広げた先生は「長いよ」と苦笑し、ペンで少し手をいれた。

 やがて「市船soul」が、試合で流れはじめた。

 2015年の夏、大義さんはバーベキューに出かけた。家に帰ると、吐き気がした。せきも止まらない。

記事後半では、病魔と闘いながらも音楽を愛し続けた大義さんの姿をお伝えします。大義さんを見送るため、同級生や後輩ら総勢164人で「市船soul」を演奏する動画もあります。

 詳しい検査の後、医者から「…

この記事は有料会員記事です。残り980文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら