航空機内でマスクを着けず、威力業務妨害 元大学職員が無罪主張

有料会員記事

安井健悟
[PR]

 マスクを着けずにトラブルとなり、旅客機を緊急着陸させたとして、威力業務妨害や傷害などの罪に問われた茨城県取手市の元大学職員、奥野淳也被告(35)の初公判が17日、大阪地裁であった。被告は「マスクをしていないからといって、忌避する反応が本当に正しいのでしょうか」などと述べて起訴内容を否認。弁護側は無罪を主張した。

 被告は、マスクを着けずに出…

この記事は有料会員記事です。残り231文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら