JR四国、苦しい台所事情 20年度は全路線が赤字に 収支を公表

有料会員記事

野口陽
[PR]

 JR四国は17日、2019~20年度の路線区別の収支を公表した。全8路線18区間のうち、20年度は全路線の営業損益が赤字になるなど前回公表から状況はさらに悪化した。人口減少に加え、コロナ禍によって利用客の減少が加速したことが大きな打撃となった。

 本四備讃線(児島―宇多津)は19年度、唯一の黒字路線だったが20年度は赤字となり、全ての路線、区間が赤字に沈んだ。全線あわせた営業損益は19年度が131億円の赤字、20年度が225億円の赤字だった。これまでも業績は振るわず13~17年度平均は109億円の赤字だったが、ここにきて赤字幅が拡大した。

 20年度は100円の収入を…

この記事は有料会員記事です。残り413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。