機内でマスク拒否の被告「ぜんそくの持病」 業務妨害事件で無罪主張

有料会員記事

安井健悟、森下裕介
[PR]

 マスクの着用拒否をめぐるトラブルで旅客機を緊急着陸させたとして、威力業務妨害や傷害などの罪に問われた元大学職員の奥野淳也被告(35)=茨城県取手市=の初公判が17日、大阪地裁であった。被告は無罪を主張し、弁護側はマスクについて「ぜんそくの持病があり、着用できなかった」などと説明した。

 検察側の冒頭陳述などによると、被告は2020年9月、ピーチ・アビエーション機(釧路空港関西空港行き)にマスクを着けずに搭乗。「他の乗客に侮辱された」と訴え、静かにするよう求めた客室乗務員の腕をねじりあげてけがをさせ、新潟空港に緊急着陸させてピーチ社の業務を妨害したとされる。千葉県館山市の飲食店では昨年4月、マスクの着用を拒み、店の営業を妨害したという。

 被告は「マスクをしていない…

この記事は有料会員記事です。残り214文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら