裏返った側溝のふた、自転車で転倒し大けが 広島市に賠償命令

有料会員記事

新屋絵理
[PR]

 広島市中区平和記念公園内にある市道で、側溝のふたが裏返っていたために自転車で転倒してけがを負ったとして、市内に住む男性(74)が道路を管理する市に約320万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、広島地裁(絹川泰毅裁判長)であった。判決は「市道の管理に瑕疵(かし)があった」として、市に約215万円の賠償を命じた。

 広島市は「判決内容を精査した上で、控訴するかを含めて今後の対応を検討したい」とのコメントを出した。

 判決によると、男性は201…

この記事は有料会員記事です。残り306文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら