がんと闘った北の湖親方「最後の土俵」 見つめた288キロの愛弟子

有料会員記事

抜井規泰
[PR]

 北の湖親方の弟子に、ロシア出身の力士で、史上最高体重を記録した大露羅がいた。

 2017年9月場所前の身体検査で、288キロを記録。「超える力士は現れない」とも言われた元大関小錦の285キロを更新し、歴代最重量力士となった。

 新記録に、大露羅は「永遠に名が残る」と笑っていたが、実は悩みばかりだった。10年ほど前に弟の結婚式で帰国した際は、水も食事もとらずに飛行機に乗り込んだ。トイレに入れないのだ。機内では2席分に座るが、リクライニングを倒すとひじかけが背中に当たるため、ほぼ直角の状態で座ったまま。日本に戻ると涙目で「もう2度と嫌です」と語っていた。

 北の湖親方から可愛がられ…

この記事は有料会員記事です。残り660文字有料会員になると続きをお読みいただけます。