愛弟子の大露羅が涙目で見つめた土俵 かなわなかった北の湖親方の夢

有料会員記事

抜井規泰
[PR]

 がんの再発がわかった北の湖親方。重粒子線をあてる最新治療も受けたが、全身がむしばまれていった。

 「これだけは順番じゃないから。交通事故もあるし、心臓マヒもあるし」

 62歳の誕生日だった2015年5月16日、まるで近い運命を悟るように、そう漏らしていた。

 8日後の千秋楽。体力が落ち、もう階段を上がることすら難しかった。渾身(こんしん)の力で持ち上げた29キロの賜杯(しはい)。弟子の大露羅は、師匠の姿を西の花道から見守っていた。

 この場所で優勝したのは、関…

この記事は有料会員記事です。残り684文字有料会員になると続きをお読みいただけます。