相撲記者はワイシャツのポケットがない? 「大漁だ!」魁皇の手に…

有料会員記事

抜井規泰
[PR]

 力士は、よく験を担ぐ。

 白星を重ねているときなどは、験を担いで1週間くらい髪を洗わないことなど、ざらだ。頭がかゆくなったり臭くなったりしないのか――という話はおいおい語るとして、どうしても勝てず、黒星続きの時は、どうするのか。土俵のことをぱーっと忘れる「験直し」だ。

まさに「豪快」 力士の酒

 力士の験直しといえば、なんといっても酒。酒を相撲隠語で「馬力」といい、力士は巨体に任せてとにかく飲む。元横綱白鵬間垣親方は現役時代、氷の入ったアイスペールにウイスキーを注ぎ、みんなで回し飲みするのが好きだった。コロナ禍のいま思えば、もうそんな飲み方などできない「幻の杯」だ。

 故北の湖親方はお湯のような熱かんを愛していた。茶わんでぐーっと飲み干し、「腹の底から力がわく」と語っていた。

 浅香山親方(元大関魁皇)は現役時、妻の充子さんから叱られてもやめられない酒癖があった。

 ひとのワイシャツの胸ポケッ…

この記事は有料会員記事です。残り470文字有料会員になると続きをお読みいただけます。