• アピタル

マスクの日常、抜け出せる? withコロナ時代に専門家の考え方は

有料会員記事新型コロナウイルス

林義則、神宮司実玲
[PR]

 「脱マスク」に向けた議論が活発になってきている。新型コロナウイルス対策で重要視されてきたが、重症化しにくいオミクロン株によって、屋外では「距離があれば不要」とする政府関係者や専門家の発言が相次ぐ。海外では着用義務の撤廃も始まった。感染症に詳しい専門家はどうみるのか。

グレーゾーン、夏に向け基準議論を

 国際医療福祉大の松本哲哉教授(感染症学)は「屋外で人との距離が取れ、会話がないのであければ感染のリスクは低く、外してもよい」と話す。

 ただし、屋内で人が集まり会話をする場合や、換気がよくない場所は感染のリスクがあるので着ける必要がある、と指摘する。

 オミクロン株は、若い世代で重症化するケースは少なく、高齢者から始まった3回目のワクチンも接種率は5割を超えた。

 松本さんは「日本人はマスクに抵抗感がない人が多く、『マスクをしましょう』と言うと率先して着けてくれる。海外に比べ、感染状況がそこまで深刻にならなかった一つの要因」と振り返る。

ここに来て、社会の中でもマスクをめぐる議論が目立ってきました。記事の後半では、国立病院機構仙台医療センターの西村秀一・ウイルスセンター長、関西福祉大の勝田吉彰教授(渡航医学)にも見解を聞きました。

 一方、今後に向けては「感染しても肺炎になったり、重症化したりするケースは減っている。今の状況にあった形を考えていくことが必要」と指摘する。

 ただ、屋内で人が少ないなど…

この記事は有料会員記事です。残り1093文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]