• アピタル

コロナ新ワクチン、効果ありでも門前払い WHOが譲れない一線

有料会員記事新型コロナウイルス

竹野内崇宏、田中奏子
[PR]

 ある新型コロナウイルスワクチンに対し、世界保健機関(WHO)が、国際的な流通に必要な手続きをストップしている。

 このワクチンは、日本企業も関わって開発された。門前払いの形となった対応の背景には、WHOの譲れない一線があった。

 話題として取り上げられたのは、カナダの企業メディカゴ社が作ったワクチン「コビフェンツ」。同社の株式の79%は親会社にあたる田辺三菱製薬大阪市)が保有する。

 ワクチンは、タバコ属の植物の葉にコロナウイルスの遺伝子を組み込んで、ウイルスの構造を模した物質を作製。この物質を注射することで免疫反応を引き起こす、植物由来のものだ。ファイザー製やモデルナ製など、ヒトの体内でウイルス様の物質をつくるmRNAワクチンとは仕組みが異なる。

 田辺三菱によると、北米などでの最終治験の結果、発症を予防する効果が、デルタ株で75・3%、ガンマ株で88・6%。2回接種後の38度以上の発熱は10%未満で、重い副反応はなかった。2~8度の冷蔵で流通が可能というメリットもある。

 「まだ最終決定ではないが、申請を受け付けることはないだろう」

 3月にあった国際記者会見で、WHOの担当者は、このワクチンについて「緊急使用リスト」への登録申請を認めない見通しを述べた。

 WHOが安全性や効果を審査してこのリストに加えることで、途上国で緊急使用されたり、国際的なワクチン分配の枠組みに採用されたりする目安となる。企業にとっては、「お墨付き」が得られ、普及の後押しとなるメリットもある。

 担当者は見通しの理由として…

この記事は有料会員記事です。残り1743文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]