「住所だけで郵便配達」、6月から本格実施 NHK受信料徴収で実績

有料会員記事

中島嘉克
[PR]

 日本郵便は17日、受取人の氏名が不明でも住所が分かっていれば郵便物を配達するサービスを、来月21日から本格的に始めると発表した。昨年6月から試行しており、NHKの受信料の徴収業務などで利用されてきた。企業の営業活動などの利用を見込む。

 サービスは「特別あて所配達郵便」で宛先の住所だけで配達できる。定形郵便物と通常はがき、往復はがきが対象で、利用には年間1千通以上などの条件がある。試行期間は通常料金に1通あたり200円を上乗せしてきたが、150円にする。

 このサービスは、武田良太前…

この記事は有料会員記事です。残り219文字有料会員になると続きをお読みいただけます。