「エロ、グロ、ナンセンス」から「反戦」へ 私の音楽を変えたあの人

有料会員記事核といのちを考える

福冨旅史
[PR]

 広島市にある西日本有数の繁華街・流川。夜になると、飲食店のネオンが光り、酔客が行き交う。

 4月上旬の土曜日。まちの外れにあるライブハウスは熱気に包まれていた。3組のバンドが、ある目的のために集まった。

 30平方メートルほどの狭いホールで、照明が赤、青、緑と数秒ごとに切り替わる。体に振動を与えるほどの爆音が、地鳴りのように響く。

 3人組のハードコアパンクバンド「AXE HELVETE」(アックス・ヘルベート)の演奏が始まった。

 胸まで伸びた金髪に黒い革ジャンを着たヤマザキ(49)がギターをかき鳴らす。約20人の客は、グラスを片手に体を揺らしている。頭を前後に激しく振るヘッドバンギングを繰り返す客もいる。

 12分後。ヤマザキはギターを置き、語り出した。

 「ロシアによる戦争を今すぐやめてほしい。広島と長崎は武力で被害を受けた。核共有とか言ってる政治家もいるけど、外国人なら殺していいの? 日本人だけ助かればいいとか、まじありえねえ」

 ボーカル兼ギターのマサキ(37)も続く。

 「何か難しいことわかんねーっすけど、戦争ってこんな感じでいきなり始まっちまうんだって……。戦争はいらねえ、核なんかぜってぇいらねえ。NO WAR!」

 反戦――。それが、ライブのテーマだ。

 主催したのは、広島市中区で約30年間レコード店を営んできた大小田(おおこだ)伸二さん(56)。自身もパンクバンドでボーカルを務め、GUY(ガイ)という芸名で活動する。

 大小田さんが反戦をテーマにライブを開いた理由は、ある被爆者との12年にわたる交流があった。

 坪井直(すなお)さん。国内外で核廃絶を訴え、「ヒロシマの顔」と呼ばれた。

不良仲間と夜遊びを繰り返し、高校を中退した大小田さん。40代で出会った被爆者の言葉から、あることに気づかされます。ライブの終盤、大小田さんはウクライナとロシア、ヒロシマをつなぐ驚きのゲストを用意していました。

 大小田さんは広島市で生まれ…

この記事は有料会員記事です。残り2391文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    奥山晶二郎
    (サムライトCCO=メディア)
    2022年5月23日15時6分 投稿

    【視点】記事で紹介されている反戦を歌う広島のハードコアパンクバンド「AXE HELVETE」 もともと反戦に関心はあったけれど「何も知らないヤツが簡単に語っちゃダメでしょって。学校も行ってない俺が手を出したらいけない領域だと思ってた」という。

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]