山梨・道志で発見の長袖シャツ、着用者の特定できず DNA型鑑定

有料会員記事

池田拓哉
[PR]

 人骨などが見つかった山梨県道志村の山中で発見された黒っぽいハイネックの長袖シャツとひも状の繊維について、山梨県警は17日、DNA型鑑定の結果、着用していた個人を特定できなかったと発表した。

 ハイネックの長袖シャツには、人の毛とみられる6本が付着していたが、個人を特定できなかったという。ひも状の繊維はタグがついており、衣類の一部とみて調べていた。

 県警は14日、右の肩甲骨に…

この記事は有料会員記事です。残り122文字有料会員になると続きをお読みいただけます。