秀岳館高校サッカー部、監督を交代 県への報告書は「不十分」

有料会員記事

長妻昭明、吉田啓、大貫聡子
[PR]

 私立秀岳館高校(熊本県八代市)の男子サッカー部でコーチが部員に暴力を加えているとみられる動画が投稿された問題で、同高が段原一詞監督を交代させたことが競技団体への取材でわかった。また熊本県は17日、高校が提出した報告書の概要を発表した。問題のコーチは段原監督とともに自宅謹慎処分を受けており、学校は刑事処分の結果を待って改めて処分を決定するとしている。

 熊本県サッカー協会によると、学校から段原監督を変更させる届け出があり、13日に日本サッカー協会が承認したという。

 報告書は5ページあり、県私学振興課が私立学校法に基づいて学校に求め、13日に提出された。

 同高男子サッカー部を巡って…

この記事は有料会員記事です。残り1174文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら