JR九州の運転士、乗務中にスマホでゲーム「これまでもしていた」

前田健汰
[PR]

 JR九州は17日、20代の男性運転士が乗務中に私物のスマートフォンを操作していた、と発表した。乗務中は電源を切り、業務用のかばんに入れておくよう指導しており、処分を検討している。

 JR九州によると、運転士は16日午前11時20分ごろから午後0時15分ごろ、JR筑豊線若松―直方の下り線を運転中などに、複数回にわたり、スマートフォンでゲームをした。その後、折り返して若松駅に戻った午後2時20分ごろにも、車内乗務員室内で操作したという。

 乗客が気づき、17日にJR九州の相談センターに連絡した。運転士は「これまでもしていた」と話しているという。

 JR九州は「指導を徹底して再発防止に努める」とコメントした。(前田健汰)