勾留停止中、病院から逃走 覚醒剤取締法違反罪などで起訴の被告

[PR]

 東京地検は17日、覚醒剤取締法違反や窃盗の罪で起訴した上田健被告(38)が、勾留の執行停止中に病院から逃走したと発表した。

 地検によると、上田被告は指定された病院に滞在する条件で17日午前から19日午後まで勾留が停止されていたが、17日に病院から逃げ出したという。移動に際しては弁護士が付き添い、逃亡や証拠隠滅してはならないという条件もついていた。逃走に伴い、停止決定は取り消されたという。

 上田被告は今年2月から3月にかけて計3回、起訴されていた。