知床の観光船4社に緊急の安全点検 運輸局「頻度が不十分だった」

石垣明真
[PR]

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没した事故を受け、国土交通省北海道運輸局は17日、事故が起きた斜里町ウトロ地区で観光船を運航する計4社に対し、現行規制が守られているかを確認する緊急の安全点検を実施した。3社で運航時の記録や中止基準の情報公開など、計12件の不備が見つかったという。

 同局の職員らは17日午前から、4社の事業所を回って書類などを点検した後、各社が運航する観光船に乗り込み、通信設備や救命設備の確認を行った。

 その結果、小型の観光船を運航する3社で、運航時の定点連絡の記録に一部記載漏れがあったり、定点連絡の記録を作成していなかったりしたことが確認された。運航の中止基準など、輸送の安全に関わる情報の公開が不十分とした不備も見つかったという。

 同局によると、3社の点検は数年ぶりに行われた。点検の間隔は法令上で定められていないといい、同局の担当者は「点検頻度が不十分だった」と認めた。今後、3社を対象に再度監査を実施し、詳細な確認を行うという。

 一方、同町ウトロ地区で大型観光船を就航する「道東観光開発株式会社」への調査では、不備は確認されなかったという。(石垣明真)