ゴルフクラブ入会拒否、元韓国籍男性が提訴「出自が理由の不当差別」

黄澈
[PR]

 元韓国籍の出自を理由にゴルフクラブから入会を断られ、精神的な損害を被ったとして、三重県桑名市の40代男性が17日、岐阜県可児市の「愛岐カントリークラブ」を相手取り、慰謝料など330万円を求める訴訟を津地裁四日市支部に起こした。

 男性は3世の在日韓国人だったが、2018年に日本国籍を取得した。訴状によると、男性は今年2月、戸籍謄本などを添えて同クラブに入会を申し込んだが、クラブは元外国籍であることを理由に入会を拒否。その際、「外国人の会員数を制限する枠を設けており、日本国籍を取得した人も制限の対象にしている」などと説明したという。

 男性側は、出自を理由とした不当な差別で、法の下の平等を定める憲法14条の趣旨に反する不法行為だと主張し、クラブに慰謝料の支払いなどを求めている。

 愛岐カントリークラブの担当者は「対応は弁護士に一任しており、話すことはない」とした。(黄澈)