北朝鮮、バイデン氏の外遊に合わせミサイル発射の可能性 米報道

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米CNNは17日、米政府当局者の話として、バイデン米大統領が近くアジア外遊を行うのに合わせ、北朝鮮が今後48~96時間以内に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射する可能性があると伝えた。

 バイデン氏は19日に米国を出発し、20~24日に日韓両国を訪問する予定だ。米政府当局者は米CNNの取材に対し、平壌近郊にあるミサイル発射場の衛星画像の分析をもとに、ICBM発射の兆候があるという見方を示したという。(ワシントン=園田耕司