運命のいたずら? 「ガイズ&ドールズ」で望海風斗とあの同期が共演

有料会員記事宝塚歌劇団

[PR]

望海風斗のおのぞみのままに

宝塚歌劇団の元雪組トップスター望海風斗さんによる、毎月1回のコラムです。いま稽古中のミュージカル「ガイズ&ドールズ」への思いや、あの同期との不思議な縁を明かします。

 ミュージカル「ネクスト・トゥ・ノーマル」が4月29日に終わりました。キャスト

6人で向き合ってきたので、会えなくなるのはすごく寂しいと思ったけれど、千秋楽をやりきってすがすがしい気持ちになりました。

 これから、みんながそれぞれの道でいろんな経験をして、またいつの日か舞台で再会できることを信じて、「じゃ、お別れね」と。すがすがしく解散できました。

 宝塚を退団して1年というタイミングで、いい経験をさせてもらいました。母親であり、精神的な病気を患い、家族と向き合い、自分と向き合う。どこにでもいる、リアルな女性を演じられたことは大きかった。

 母親にならなきゃとやり過ぎると、ひとりよがりのお芝居になってしまいます。娘や息子が、私のことをお母さんだと思って接してくれるから、母親になれたんだと思います。それにダイアナは芯の強い女性。演じることで、たくさんの勇気をもらいました。

 西宮(兵庫県立芸術文化センター)で公演できたこともうれしかったですね。本当は西宮でおいしいものを食べたり、宝塚に戻ったりできたらよかったのですが。それはまたいつの日か、ですね。

ニュースレター「月刊タカラヅカPlus」

タカラヅカをもっと近くに。スターのインタビューやOGの活躍をメールでお届けします。

 次の公演のお稽古が始まって…

この記事は有料会員記事です。残り894文字有料会員になると続きをお読みいただけます。