柔らかな食感、こだわる理由は? 東京・浅草のパン屋オーナーの思い

有料会員記事東京インサイド

本多由佳
[PR]

 できるだけふんわりと、柔らかく焼き上げる――。そんなこだわりのパン屋が3月、東京・浅草にオープンした。変わっているのはそのオーナー。食感に何よりもこだわる理由とは?

 店の名前は「東京浅草 浪漫」。「仲見世通り」から、一本入った東側の通り沿いにある。訪ねると、ショーケースには食パンやクロワッサン、アップルパイなど約20種類が並ぶ。試しに食パンを食べてみた。もっちり、ふわふわした食感が楽しめた。値段は1斤480円(税込み)。他のパンも含め材料は全て無添加で、生地には国産小麦を使っているという。

 「誰でも安全に、おいしく食…

この記事は有料会員記事です。残り718文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]