都心のビル街、頭上から「ミャー」 声の正体はウミネコ 増える営巣

[PR]

 海辺で繁殖するウミネコがここ数年、東京都心のビル街で増えている。都や区などによると、約10年前に台東区のビルの屋上で営巣が確認されて以降、周辺の墨田区江東区、中央区に広がる。都市環境になじんでしまったのか――。研究者も首をかしげている。

 「ミャー、ミャー」。中央区の日本橋地区で今月上旬、ビルの間をウミネコが滑空する姿が見られた。緑化されたビルの屋上には、30~40羽が集まっていた。

 600メートルほど離れた所では数年前、春から夏にかけ、朝夕に100羽ほどが群がる日が続いたという。住民の中村タカ子さん(85)は「鳴き声がうるさいし、家の前の道がふんで白くなった」と話す。多賀谷里紗さん(43)は「朝4時に目が覚め、洗濯物も外に干せなくて困った」というが、「道路でヨチヨチ歩きのヒナを見たら、『がんばれ』って皆で応援してしまった」と苦笑した。

 ウミネコは全長約45センチ、翼を広げると120センチほどになるカモメの仲間。海辺の岩礁や島などで春から夏に群れて繁殖する。青森県八戸市の蕪(かぶ)島などは繁殖地として国の天然記念物に指定されている。

 都や研究者によると、199…

この記事は有料会員記事です。残り1010文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]