明治用水、給水停止へ 取水施設で漏水 農業に影響も

有料会員記事

【動画】明治用水頭首工の大規模漏水、対応進む=長島一浩、細川卓撮影
[PR]

 愛知県は17日深夜、矢作川から用水を取る豊田市内の堰(せき)「明治用水頭首工」で大規模な漏水が発生し、県の安城浄水場から西三河地域にある工場などへの給水が停止になる見通しを発表した。浄水場の取水は18日午前4時45分ごろに停止、同日中にも各事業所への給水が停止するという。漏水の原因は不明で、復旧のめどは立っていない。

 一帯には、トヨタ自動車関連の工場も集積し、操業に影響が出る可能性がある。給水先は、西三河地域など岡崎市や豊田市を含む9市3町にある主に自動車関連企業などの131事業所。100社程度が大企業で、ほかは中小企業という。

 また、県や明治用水土地改良区などによると、17日昼過ぎに岡崎市や豊田市など8市への農業用水の給水を停止した。田植えができなくなるなどの影響が出ているという。

 明治用水頭首工は、川をせき止めて水をためる施設。県の説明では、17日未明に大規模な漏水がおき、この施設から取水している安城浄水場で必要な水量を確保できない状態になっている。一般住宅への影響はないとしている。

 付近に工場のあるトヨタ自動…

この記事は有料会員記事です。残り194文字有料会員になると続きをお読みいただけます。