元徴用工問題など「安易な妥協するな」 韓国支援団体、尹政権に要求

有料会員記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 韓国で元徴用工や元慰安婦の支援を続ける市民団体が18日、尹錫悦(ユンソンニョル)政権に対し、日本政府に植民地支配が不法であったと認めさせ、謝罪と賠償を履行させるように「外交努力をするべきだ」とする声明を出した。20日にバイデン米大統領の訪韓が控える中、米国の圧力で日韓関係の改善を急ぎ、安易な妥協をしてはならないとも求めた。

 10日に大統領に就いた尹氏は対日関係の改善に強い意欲を示すが、日本企業に戦時中の元徴用工への賠償を命じた大法院(最高裁)判決など両国間の懸案の解決が必要になっている。尹政権内では、賠償に充てるために、差し押さえられた日本企業の資産が売却され、現金化されることを防ぐ方策が検討されている。

 支援団体は18日午前、大統…

この記事は有料会員記事です。残り265文字有料会員になると続きをお読みいただけます。