「火に強い」鉄骨柱、覆うのは木材だけ 大成建設が開発

有料会員記事

高橋豪
[PR]

 大成建設は、鉄骨を木材で覆うだけで、安く建物の耐火性能を高める技術を開発した。工場や倉庫に求められる「準耐火構造」をクリアしつつ、木材の利用も促せるとアピールしている。

 この技術で満たせる準耐火構造の性能は、火災が起きても45分間は柱が建物を支えられるというもの。これまでは火が鉄骨に及ぶのを防ぐため、壁との間に高価な「ケイ酸カルシウム」の板などを挟む必要があり、商業施設などに求められる耐火構造並みにコストがかかっていた。

 新たな工法では、接着剤を使わず、鉄骨に木板をビスで留めるだけで準耐火構造の基準を満たせるという。木は水分を含むため鉄と比べて焼け落ちるのが遅く、厚い木材を使えば火災が起きても十分な時間が稼げる。表面に木材を付ける場合、コストは耐火構造の柱と比べて3~4割安くなるほか、接着作業がいらず工期も短くなる。

 脱炭素社会に向けて国は建築…

この記事は有料会員記事です。残り130文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら