【詳報】斎藤八段の「予備は…」に無言でスッ 封じ手、時間は大差

有料会員記事

北野新太 村瀬信也 上田真由美
【名人戦対局Live】王手か、タイか、渡辺明名人VS斎藤慎太郎八段【第80期将棋名人戦第4局1日目】
[PR]

 渡辺明名人(38)=棋王と合わせ二冠=に斎藤慎太郎八段(29)が挑戦している第80期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第4局が19日、山口市の名勝 山水園で始まる。

朝日新聞デジタルのタイムラインでは北野新太記者の速報を中心に、両雄に肉薄する対局写真、小林裕士七段をゲストに招いての「囲碁将棋TV」中継、両対局者の秘話の紹介などで多角的に詳報します。

 2勝している渡辺名人が2度目の防衛に王手をかけるか、第3局で巻き返しの1勝目をあげた斎藤挑戦者がタイに持ち込むか。シリーズの流れを決める対局になる。

18:30

封じ手、極めて難解な将棋

 渡辺名人が△5三銀と引いた局面で斎藤挑戦者が66分の考慮に沈むと、時刻は午後6時30分に。そのまま指し手を封じて1日目が終わった。

 形勢は難しいが、消費時間は渡辺名人が2時間47分、斎藤挑戦者が5時間6分と2時間19分もの大差がついている。

 今シリーズ初の相懸かりとなった第4局。穏やかな進行だったが、中盤に入って一手一手が極めて難しい将棋になったことは棋譜用紙が明確に語っている。

 46手目の△6五歩まで全て…

この記事は有料会員記事です。残り10559文字有料会員になると続きをお読みいただけます。