米中絶判決の草案リーク、中間選挙に影響 分断に疲弊の声も

有料会員記事

米ペンシルベニア州=藤原学思
[PR]

 人工妊娠中絶をめぐり、米国が揺れている。連邦最高裁判決の草案がリークされ、中絶を合衆国憲法上の権利だと認めた1973年の「ロー対ウエイド判決」が、約半世紀ぶりに覆される公算が大きくなっているためだ。11月の中間選挙の行方にも影響を及ぼしている。(米ペンシルベニア州=藤原学思

 米東部ペンシルベニア州のリサ・ベルツさん(54)が初めての子を出産したのは、18歳のときだった。

 経済的に豊かではなく、親も歓迎はしなかった。ただ、リサさんにも夫にも互いの親にも、人工妊娠中絶という選択肢はなかった。

「中絶反対」元軍人、共和党の知事候補に

 「中絶は人間の命を奪うことだから」

 それから36年。投票の度に…

この記事は有料会員記事です。残り2223文字有料会員になると続きをお読みいただけます。