「ビルマ汁」って何だ? 家庭料理が名物になり、学校給食になった

有料会員記事

中村尚徳
[PR]

 ナス、インゲン、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ。たっぷりの野菜と豚肉を豪快に煮込む。仕上げにトマトをつぶして加え、カレー粉と塩で味を調える。あっさりしながらも深みのあるこのスープ、栃木県益子町では「ビルマ汁」と呼ばれている。家庭だけではなく学校給食にも出る名物料理らしい。なぜ、そんな名前がついたのだろう?

 町内で「本家」と認められる衣料品店経営の飯塚フミさん(75)を訪ねた。

 「まずは食べてみないとね」。前日から用意してくれたというお得意の料理を早速いただいた。

 ブツ切りの野菜と豚肉のスープが、益子焼の器に入っている。ピリッとしたカレー味に塩味が加わり、ほのかにカツオだしの風味も感じる。一気に食べ切った。

 なぜ、このスープが「ビルマ汁」なのか。

 それはアジア太平洋戦争にさかのぼる。フミさんの義父、潤一さん(故人)は、日本が1942年に占領したビルマ(現ミャンマー)に出征した。46年に復員した後、現地で食べた料理の味付けや具材を思い出しながら、妻の故・津祢(つや)子さんとともに家庭料理として再現した。

 「現地では肉ではなくウナギやナマズだったそうです。野菜をふんだんに食べられるので夏ばて防止になる。うどんやご飯と一緒に食べるとおいしいですよ」

 フミさんは結婚後、潤一さん…

この記事は有料会員記事です。残り693文字有料会員になると続きをお読みいただけます。