ハワイ便は増便、海賊船に行列、だけど マイナス成長、個人消費カギ

有料会員記事

松本真弥、高橋豪、山下裕志
[PR]

 2022年1~3月期の実質の国内総生産(GDP)が前期比0・2%減、年率換算で1・0%減と、2四半期ぶりのマイナス成長だった日本。ただ、足元では観光など一部の個人消費に回復がみられる。このままコロナ前の水準にまで戻るのか。

 「ホノルル便に、ほぼ満席のお客様を迎えた。ハワイが戻ってきた」

 ゴールデンウィーク(GW)初日の4月29日の羽田空港。アロハシャツを着た全日本空輸の井上慎一社長は上機嫌で乗客を見送った。現在、週3往復のホノルル便を順次増便し、7月以降は成田空港とあわせて毎日運航する。

 3月に重点措置が解除され、今年は3年ぶりにコロナの行動制限がかからないGWとなった。全日空日本航空によると、4月29日~5月8日の国際線の旅客は前年の4~5倍。コロナ禍以前の2019年と比べるとまだ2~3割程度の水準だが、大手旅行会社が約2年ぶりにハワイ行きツアーを再開するなど、回復傾向が鮮明になってきた。

 GWは国内の観光地もにぎわ…

この記事は有料会員記事です。残り982文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら