「ロシア大使館にゲリラが発砲」とうその電話 容疑の男を逮捕

山口啓太
[PR]

 警察署への電話で、ロシアや中国の在日大使館に「ゲリラが発砲する」などとうその内容を伝えたとして、警視庁は18日、名古屋市千種区の会社員の男(39)を偽計業務妨害容疑で逮捕し、発表した。男は容疑を認めているという。

 麻布署によると、男は2月24日午後9時40分ごろ、署に電話し、「2、3日くらいでゲリラが出てきて中国大使館とロシア大使館を発砲する。中国大使館を爆破させようと思っている」「ロケットランチャーなどの武器も多数持っている」などとうその電話をかけ、警察の業務を妨害した疑いがある。署員らは翌朝まで両大使館の警戒にあたったが、トラブルなどは確認されなかった。

 事件当日の昼ごろには、ロシアのプーチン大統領がテレビ演説で、ウクライナ東部での「特別軍事作戦」の実施を宣言し、侵攻を開始していた。男は調べに対し、「ロシアによるウクライナ侵攻に対する不満から電話した」と説明。中国についても「ロシアの同盟国」として怒りを持っていた、と話しているという。(山口啓太)