連日100万円超カジノに出金か、残高6万円 「返していきたい」

有料会員記事

太田原奈都乃、大藤道矢
[PR]

 山口県阿武町が新型コロナウイルスに関する臨時特別給付金をめぐり、住民の男性(24)に計4630万円を誤送金した問題で、男性の代理人弁護士が18日、男性の口座の出金記録を明らかにした。誤送金があった当日から11日間で計34回の出金があり、最高で一度に400万円が引き出されていた。

 口座の履歴によると、4月8日、残高が665円だった男性の口座に、町から特別給付金の10万円に加えて4630万円が振り込まれた。この日のうちにカードの決済で、約68万円の出金があった。

 その後、10~18日に連日、100万円を超す出金が続いており、いずれも海外のカジノサイトへの送金とみられるという。18日段階での残高は約6万8千円だった。

 町は5月12日、男性に全額…

この記事は有料会員記事です。残り288文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら