来年のG7サミット「広島・長崎で」 公明・山口代表が首相に提言

有料会員記事岸田政権公明

小野太郎
[PR]

 公明党山口那津男代表は18日、首相官邸を訪れ、2023年に日本で予定される主要7カ国首脳会議(G7サミット)と外相会合を、それぞれ広島、長崎で開くよう岸田文雄首相に提言した。

 提言は「ウクライナ危機により、核兵器が実戦に使用されうるという現実の脅威に直面している」と指摘。被爆地で開催することで「各国の政治指導者に被爆の悲惨さを訴え続けること」が必要だとした。

 日米両政府が1月に出した共同声明には「核兵器の使用の壊滅的で非人道的な結末を認識」することが盛り込まれた。山口氏によると、首相はこれを踏まえ「大事なことは米国と日本がこうした認識を共有していること」との認識を示したという。

 ウクライナ危機を受けて、自…

この記事は有料会員記事です。残り234文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら