連合、参院選1人区の競合容認へ 立憲と国民民主の「溝」追認

有料会員記事立憲国民

[PR]

 立憲民主党国民民主党を支持する労働組合の中央組織・連合が、参院選で全国に32ある1人区で両党の競合を容認する対応方針をまとめたことがわかった。両党には候補者一本化を求めてきたが溝は埋まらず、各地で競合が避けられない現状を追認する形だ。

 複数の連合関係者が明らかにした。19日の連合中央執行委員会で決定する。対応方針では、参院選の複数区に加えて1人区でも競合を認め、両党の候補者に支持・支援を打ち出す。

 具体的には、今回の対応方針…

この記事は有料会員記事です。残り471文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら