山梨・道志 左すねと右腕の骨の一部 県警の司法解剖で判明

有料会員記事

池田拓哉
[PR]

 山梨県道志村の山中で発見された二つの骨のようなものについて、山梨県警は18日、司法解剖の結果、人の左すねと右前腕部の骨の一部だったと発表した。今後、DNA型鑑定で身元の特定を進める。

 二つの骨は11日、山中の沢で警視庁の警察犬が発見。2019年に行方不明になった千葉県成田市の小学生、小倉美咲さん(不明当時7)のものと断定された右肩甲骨の近くで見つかっていた。

 これらの骨が見つかった十数…

この記事は有料会員記事です。残り224文字有料会員になると続きをお読みいただけます。