弥生人そっくりさんは誰?最終候補は10人 鳥取県が異例のGP開催

大久保直樹
[PR]

 弥生人に一番似ているのは誰だ――。鳥取県が国史跡・青谷上寺地遺跡(あおやかみじちいせき、鳥取市)で出土した頭蓋骨(ずがいこつ)から顔を復元し、全国から募っていた「青谷弥生人」のそっくりさんグランプリが、28日に同市で開かれる。最終候補になった10人の中から、インターネット投票などで真の青谷弥生人が決まる。

 県は昨年10月、遺跡で出土した弥生時代後期(約1800年前)の人骨のDNAなどから、当時の中年男性の顔を復元。公開すると、「知人に似ている」「あの有名人そっくりだ」などとSNSで大きな話題になった。

 想像以上の反響に、県は遺跡のPRや観光振興にもつなげようと、弥生人の名前とそっくりさんを全国から募集。「本当に、ただの偶然」(県の担当者)という841(やよい)件の応募があり、名前は「青谷上寺朗(かみじろう)」に決まった。

 そっくりさんには215人が名乗りをあげ、そっくり具合を判定するAIアプリによる1次審査や、審査員による2次審査を経て、10人の入賞者が選ばれた。

 最終決戦となる「青谷弥生人そっくりさんグランプリ」は28日、遺跡がある鳥取市青谷町の市青谷町農林漁業者トレーニングセンターで開かれ、大会の様子はユーチューブでも同時配信される。10人はステージに登壇し、「青谷弥生人への愛情の深さ」などをアピールする予定だ。

 グランプリは、審査員と会場の参加者、同時配信の視聴者による投票で決まる。評価基準は見た目のそっくり度が一番だが、見た目だけで判断が難しい場合、パフォーマンスの内容も加味出来る。

 会場の参加者は定員80人で、青谷かみじち史跡公園準備室(0857・85・5011)へ電話や電子メール(tottori-yayoi@pref.tottori.lg.jpメールする)などで申し込む(先着順)。とっとり弥生の王国推進課のホームページ(https://www.pref.tottori.lg.jp/yayoi-suishin/別ウインドウで開きます)では、同時配信やPR動画の案内をしている。(大久保直樹)