14歳の恐竜博士、教授も高評価 外国語の学術論文読み…講演会まで

有料会員記事

大滝哲彰
[PR]

 「恐竜博士」と呼ばれる中学2年生が、大阪市天王寺区にいる。手にした図鑑は50冊を超え、読みあさった学術論文は100本近く。頭脳に蓄積した膨大な知識が買われ、最近は大学教授との対談もした。いったい何者なのか。

 「ティラノサウルスって知っていますよね」

 私立明星中学校2年の樫下翔一郎さん(14)。取材が始まると、いきなり語りかけてきた。

 「それは属名と呼ばれる部分…

この記事は有料会員記事です。残り1187文字有料会員になると続きをお読みいただけます。