甲子園で終わらせない 「妹」の未来のため、消防士は24歳で大学へ

有料会員記事

安藤仙一朗
[PR]

 志望動機は「女子野球を広めたかったから」。

 この春、24歳で特別入試に合格し、明治大に進学した男性がいる。

 藤崎匠生(しょう)さん。小学5年で野球を始め、無心で白球を追いかける球児だった。

 地元、高知市の高知中央高で中堅手としてプレー。3年春には、同校初の県大会優勝を経験した。

 最後の夏は準々決勝で敗れ、甲子園には届かなかった。だが、自身のプレーに未練は残っていない。

 そんな彼が今、「女子野球に恩返しがしたい」と語るのは、苦境を救ってくれた出会いがあったからだ。

 将来の夢は、野球を始める前から決まっていた。

 救命救急に携わること。小学2年のとき、父をバイクの事故で亡くした。人の命を救う仕事がしたいと思ったからだ。

 高校卒業後、1年間公務員の予備校に通った。次の春、晴れて消防士になった。

 だが、現実は甘くなかった。厳しい上下関係についていけず、逃げ出したくなった。

 「消防士をやめたい」

 入庁から3年目の2019年春。お世話になった高校の野球部の部長に悩みを打ち明けた。

 すると、提案された。

 「女子の硬式野球部の練習を手伝ってみないか?」

 ちょうどこの年、高知中央高にできたばかりの部活だった。

 予想外の言葉。

 心の中で、「大したレベルじゃないだろう」とたかをくくっていた。

 だが、内野へのノックでバッ…

この記事は有料会員記事です。残り1374文字有料会員になると続きをお読みいただけます。