4630万円「ネットカジノで使った」と供述 山口・阿武町の誤送金

大藤道矢、大室一也
[PR]

 山口県阿武町から誤って入金された金を別の口座に振り替えたとして、無職田口翔容疑者(24)=同町福田下=が電子計算機使用詐欺容疑で逮捕された事件で、田口容疑者が町から振り込まれた金を「ネットカジノで使った」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。容疑を認めているという。

 県警によると、逮捕容疑は4月12日、田口容疑者名義の口座に同町が入金した4630万円が誤りによるものと知りながらスマートフォンを操作して、オンライン決済で決済代行業者の口座に400万円を振り替えたというもの。4630万円のほとんどが別の口座に移されたという。県警は4月以降、田口容疑者に任意で事情聴取を行い、逃亡の恐れがあるなどとして18日、山口市内で任意同行を求めて山口署で逮捕した。スマートフォンを押収している。

 田口容疑者の代理人弁護士によると、残高が665円だった田口容疑者の口座に4月8日、新型コロナウイルス臨時特別給付金の10万円に加えて4630万円が町から振り込まれた。ほぼ連日、100万円を超える出金があり、多い日で1日に計900万円に上った。同日から11日間で計34回の出金があり、誤送金の全額がなくなっていた。弁護士によると、利用していたカジノサイトは海外のものとみられるという。

 花田憲彦町長は19日、逮捕を受けて「真実を知ることに近づいた。お金を取り戻す足がかりになる」と報道陣に話した。(大藤道矢、大室一也)