原発攻撃に対して「自衛隊が迎撃を」 島根県知事、首相官邸訪れ要請

有料会員記事

[PR]

 島根県の丸山達也知事は19日、首相官邸を訪れ、原子力発電所に対する武力攻撃に関する緊急要請をした。ロシア軍がウクライナの原発を攻撃したことを念頭に、ミサイル攻撃をされた際には自衛隊が迎撃するなど、部隊配備に万全を期すよう求めた。同県では、島根原発2号機(松江市)の再稼働に向けた地元同意手続きが進んでいる。

 丸山知事は、磯崎仁彦官房副長官に要請後、記者団に「万が一、武力攻撃となった場合には、自衛隊による迎撃または部隊展開によって、問題がないように万全を期してもらいたい」などと述べた。

 これに先立ち、全国知事会は3月、ロシア軍によるウクライナの原発攻撃や北朝鮮ミサイル発射を繰り返していることを受けて、ミサイル攻撃などがあった場合に、迅速に対応できるよう自衛隊の迎撃態勢に万全を期すよう国に要請している。

 これに対して、山口壮原子力…

この記事は有料会員記事です。残り81文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら