「真相解明へ全力」警察庁長官 山梨・道志村での女児死亡事案で

[PR]

 山梨県道志村で見つかった人の骨が、行方不明になっていた千葉県成田市の小学生小倉美咲さん(不明当時7)のものと判明したことについて、警察庁の中村格長官は19日の記者会見で、「県警が捜索活動を継続しており、引き続き事件、事故の両面から事案の真相解明にむけ全力をあげて取り組んでいく」と述べた。

 美咲さんは2019年9月、家族らと訪れていた道志村のキャンプ場で、ほかの子どもたちを追いかけて広場を離れたあと行方不明になった。

 当時の捜索で発見できなかったが、今年4月以降、キャンプ場から約600メートル離れた山中で人の骨や子ども用の靴、衣類などが相次いで見つかった。そのうち肩甲骨のDNA型鑑定の結果、美咲さんと一致し、県警は美咲さんが死亡したと判断した。

 中村長官は「ご冥福をお祈り申し上げ、ご遺族の方々にお悔やみを申し上げる」と述べた。その上で、「美咲さんが行方不明になった当時、県警は消防団やボランティア、自衛隊などの協力を得て、地形などを勘案しながら必要な捜索を実施した」と説明した。