細田衆院議長が代表の自民支部 寄付36万円記載漏れ「うっかり」

大村治郎
[PR]

 細田博之衆院議長(78)=島根1区=が代表を務める「自由民主党島根県第一選挙区支部」の政治資金収支報告書に、党の別の支部から受け取った2020年の寄付金36万円が記載されていなかったことがわかった。細田氏の事務所は「事務処理のうっかりミス」として17日、島根県選挙管理委員会に訂正を届け出た。

 事務所によると、第一選挙区支部は、松江市内の同じ建物にある「自由民主党松江支部」から20年1~12月に毎月3万円を受け取っていたが、収支報告書に記載していなかった。

 松江支部は松江市議が代表を務めており、こちらの収支報告書には「寄付・交付金」として支出が記載されていた。外部からの指摘で判明したという。(大村治郎)