勤務先の中学校で男子生徒にわいせつ容疑 練馬区の教諭を逮捕

高嶋将之
[PR]

 勤務する中学校の男子生徒にわいせつな行為をしたとして、警視庁は、練馬区立中学校教諭の石井武秀容疑者(37)=東京都練馬区=を強制わいせつ容疑で逮捕し、19日発表した。

 光が丘署によると、石井容疑者は今月13日午後3時過ぎ、自身の勤務先である中学校の男子トイレの個室で、10代の男子生徒の体を触るなどわいせつな行為をした疑いがある。容疑を認めた上で、「スキンシップのつもりだった」と話しているという。

 当時は放課後で、被害に遭った男子生徒が他の複数の生徒とトイレにいたところ、石井容疑者が入ってきて「ふざけちゃだめ」などと言いながら男子生徒を個室に連れ込み、わいせつ行為に及んだという。後日、男子生徒と親が署に相談に訪れて事件が発覚した。

 練馬区教育委員会は「誠に遺憾。再発防止に向けた指導を徹底するとともに、信頼回復に向けて全力で取り組んでいきます」とコメントした。(高嶋将之)