第2回間寛平GMが描く、新喜劇の未来 「僕も入れて110人で競いたい」

有料会員記事

土井恵里奈
[PR]

 吉本には、もう一つの「110」物語がある。昔話とちゃう。今、新喜劇には110人のメンバーがいる。GM(ゼネラルマネジャー)は間寛平。な~ぜ~じゃ~。

 「ついに見つけました」

 寛平はうれしそうに言う。新喜劇の座員から「逸材」を見いだしたらしい。

 どんな新星かと思いきや、「20年間、ただの1回もウケたことがないやつがいるんです」。

 万年すべりっぱなしで浮上せず。名前は松本慎一郎、この春40歳に。芸人人生としてはコケすぎだが、寛平は別の見方をしている。

 「すごい。(逆に)いけるんちゃうか。(競馬で全敗して伝説になった馬)ハルウララみたいや。今度はウケるやろと思っても、またすべる」

 ライトの当たらない芸人を、いかにひのき舞台に引っ張り上げるか。

吉本新喜劇とは

 1959年、前身の「吉本ヴァラエティ」として、うめだ花月でスタート。チャーリー浜の「……じゃあ~りませんか」、島木譲二の「パチパチパンチ」など数々のギャグを生み出してきた。

 そのために、座員ひとりひとりと面談したり、悩みを聞いたり。それが最近の寛平の仕事になっている。

 なぜって、今年寛平に新たな肩書がくっついたから。

 「GM」。新喜劇の座員を束ねるトップとして、自分を含め110人いる新喜劇をもり立てる。

 2月に東京で開かれた就任会見には、ド派手なピンクのスーツで登場した。

 「まいど~」。開口一番、おなじみのフニャ~とした声であいさつ、尻を突き出し「かい~の」を披露する。

 そしてズバッと。「必ず、スターを生み出します」

 寛平は本気だ。いつも「アヘアヘ」しているだけではない。なめてきた辛酸は群を抜いているだけに。

 70年代は借金地獄に陥る。複数の連帯保証人になり、すべてが暗転。80年代、起死回生を図って世に出した「アメマバッジ」10万個はさっぱり売れず、6千万円の借金をさらに背負う。

 しかし、その数年後には海外…

この記事は有料会員記事です。残り638文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら