休みのたびに受けた連絡 恩師が見たB1宇都宮・荒谷裕秀の成長

有料会員記事

野村周平
[PR]

 Bリーグ1部・宇都宮ブレックスの大卒2年目、荒谷裕秀(23)は今季、レギュラーシーズンに50試合出場した。

 ルーキーだった昨季の出場は、わずか8試合。

 チームの大きな戦力に成長した。

 白鷗大時代の恩師、網野友雄監督(41)はそんな教え子の姿に目を細める。

 荒谷を初めて見たのは、彼が東北高(宮城)2年生のときだ。

 「とにかく1対1が強いイメージでした」

 左利きから繰り出すシュートは多彩で、ドリブルやパスもうまかった。

 「攻撃が大好きな選手」

 その才能を伸ばそうと、白鷗大入学後は何でもできる「オールラウンダー」として鍛えた。

 ただ、入学当初は性格に子供っぽさが残っていたという。

 「嫌なことがあると、むすっとしたり審判に文句を言ったり。よく言えば素直な反応をする選手だった」

 荒谷が2年のころ、一度、雷を落としたことがある。

 試合形式の練習で、荒谷がコ…

この記事は有料会員記事です。残り1200文字有料会員になると続きをお読みいただけます。