苦境のホテル社長、ユーチューバーに 「品位落とす」批判乗り越え

有料会員記事

箱谷真司
[PR]

 「『ウォークイン』とは、スタッフがお客様の荷物を預かった時にしまうための倉庫スペースである。マルかバツか」

 「答えはバツです。正解は予約なしで当日にホテルを訪れて、宿泊を申し込むお客様のことです」

 ホテルの常識クイズ・初級編。そう題したユーチューブ動画の一幕だ。松山市のJR松山駅近くにあるビジネスホテル・ホテルサンルート松山(110室)の大橋隆三社長(32)が、出題や解答をする。

 動画を配信するチャンネル名は「とあるホテルの5代目社長~日本唯一のホテル社長Youtuber」。昨年3月に始め、登録者は1900人を超えた。中学生から60代まで視聴者がいるという。

 なぜ、ホテルの社長がユーチューブを始めたのか。

 新型コロナウイルスの感染拡大でホテルサンルート松山も大きな打撃を受けた。コロナ前に約8割だった稼働率は、今年2月時点で半減。約2億5千万円の年間売上高は約1億5千万円に落ち込み、一時期は債務超過にも陥った。

 コロナが収束すれば、観光需要は戻るだろう。だが経営するホテルの利用者はビジネス客が多く、テレワークの普及で出張は今後も減ったままかもしれない――。そう考えるほど、社員や家族を守れるのかと不安に襲われた。

ユーチューブの配信を始めて以降、「ひきこもり」という視聴者から手紙も届きました。社長が書いた返事の内容とは。

 そんなとき、友人がユーチュ…

この記事は有料会員記事です。残り918文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら