北海道で最も高いタワーに 札幌駅に新高層ビル、2028年度完成へ

有料会員記事

新田哲史
解放感抜群…「ガラス張りの展望台」も…JR札幌駅南口の再開発ビル 新たなイメージ画像公開=HTB提供
[PR]

 JR北海道は、2030年度の北海道新幹線札幌延伸に合わせ、札幌駅前に建てる複合高層ビルの概要を発表した。地上43階地下4階建てで、延べ床面積は約39万平方メートル。現在のJRタワー(高さ約173メートル)に隣接する形で並び立ち、高さは約245メートルとJRタワーを上回る「道内最高」となる見通しだ。

 ビルが立つのは札幌駅南側の「北5西1・西2地区」。商業施設「エスタ」を取り壊し、隣接する駐車場の跡地と併せて23年度に着工、28年度中の完成を目指す。

 地下1階~地上10階には商…

この記事は有料会員記事です。残り301文字有料会員になると続きをお読みいただけます。